calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

categories

archives

タバコ狩り 室井尚著

0
    タバコに関して書かれた室井尚さんの書籍です。




    実は、私はタバコを吸う人です。学生の自分から吸っていたので不良かもしれません。但し、少なくとも社会人になってからは、喫煙のマナーは基本的には守っているつもりですし、タバコが吸わない人の迷惑になっている部分も理解しているので、それなりに気を使いながら楽しんでいます。

    ところが、昨今、喫煙者が社会的に、あまりにもひどい仕打ちを受けているように感じていた矢先、このタイトルに惹かれて思わず読んでしまいました。

    結論から言うと、私は基本的にこの著者の意見に賛成派です。いえ、自分が喫煙者だからという部分以外にも賛同できるところがあるからです。

    まずは、私自身もかなり誤解していた所が多かったのですが、現在、公に発表されている、タバコが人体に与える悪影響や害に関しては、どうも科学的、医学的に完全に因果関係が証明されている事実ではないという事です。

    ニコチンやタールを大量に摂取すると人体に害が及ぶ事や、ガンの要因になることはある程度推測できるので、私もニコチンの含有量が少ないタバコに変えてきているのですが、実際のところは、その因果関係が科学的には証明されていないらしいのです。

    では、何を根拠にしているかというと、統計的にあるいは経験則的に、肺がんの死亡者や、喉頭がんや気管支炎になる人の中で喫煙者が多いという事のみで、直接的にその因果関係が証明されてはいないという事です。

    実際に日本人の喫煙率は世界的にみても比較的(あくまで比較的というだけで、極端に高いとは思えませんが)高いほうですが、世界最高の長寿社会だというのは周知の事実です。これだけを見てもタバコが寿命を縮めるという表現に対しては、事実が捻じ曲げられているという気がします。

    私が中学生の頃に見せられた保健体育の教科書に写真が出ていたのを覚えているのですが、喫煙者の肺は真っ黒に汚れていて、タバコは体に悪いんだなと認識した覚えがあります。ところがあの手の写真は実はかなり作為的に作られた写真だという事です。

    この著者も言っているように、タバコが人体に与える悪影響は否めないという認識は持った上で、でもタバコだけが悪いのか、肺がんの原因はタバコだけなのかというとそれは全く違う事実のようです。タバコを吸わなくなると肺がんになったり喉頭がんになったりすることが全くないのかというとそうではなく、その因果関係が疫学的にしか推測できていないという認識です。

    煙草を吸っている方は、タバコのパッケージに書かれている文言を見て下さい。「喫煙は、あなたにとって肺がんの原因の一つとなります。」とその後に、疫学的な統計によると、喫煙者は肺がんにより死亡する危険性が高く、・・・とあります。

    ようは疫学的=統計学的にしかタバコの害は証明されていないのです。

    実際、マウスを使って長年実験を重ねても、タバコが直接的に寿命を縮めているという科学的なデータはいまだにとれていないようなのです。

    科学的な根拠がないままに、時の施政者によっていろいろと政策が変わる面は過去の歴史をみても枚挙にいとまがないのですが、このタバコに対するバッシングも似たようなケースだと著者は言っています。

    私は仕事がらかなり世界中を出張で行くことが多いのですが、アメリカは確かに極端すぎる禁煙強制だと感じていたのですが、この本を読んで気づいたのは、確かに路上における禁煙を実施しているのは世界広しといえども日本だけだなとという事です。

    アメリカでタバコを吸っていると確かに白い目で見られる事はあるのですが、レストランや店舗の外の屋外では灰皿も設置してあるので堂々と吸えます。ところが日本の都内の場合はかなりの距離を歩かないと吸える場所がありません。

    屋外で、しかも他人に迷惑にならないような吸い方も制限するという事は、かなり行き過ぎだと私も感じていますし、集団的いじめ に近いものがあるのではと思います。

    賛否両論だとは思いますが、私の私見はさておいて、タバコを吸う人も吸わない人も、一度この本を読んでみる事をお勧めします。

    昨今、タバコをやめようと考えている方が多いと思いますが、最近は電子タバコなるものが少しずつはやってきているようです。私も実は試していたりします。本物のシガレットにはまだ及びませんが、試してみたいかたはトライしてみるのも良いかと思います。↓



    愛用者続出!!電子タバコ『スーパーシガレット』今なら、2大特典付き


    いつものように、目次を載せておきます。

    第1章 肩身の狭い喫煙者・・・
    第2章 なぜ、喫煙=悪になったのか
    第3章 本当のところタバコはどのくらい体に悪いのか?
    第4章 受動喫煙という詭弁
    第5章 喫煙をめぐるさまざまな議論
    第6章 このままでは自由が奪われる
    あとがき


    他にもたくさんの本が紹介されていますよ↓

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村

    にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へにほんブログ村

    ----------------------------------------------------------------------------------------

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック