calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

categories

archives

記事トレ! 日経新聞で鍛えるビジュアル思考力 板橋悟著

0
    リクルート社で色々な部署を経験し、現在コンサルティング会社を経営する、板橋悟氏の書籍です。

    最近、見える化、とか、ビジュアル的に思考したり理解を深めようというトレンドがありますが、その中の一環とも言えるでしょう。

    但しこの著者は、ビジュアライズする上で、ある決まったルールを設ける事によって、誰でもその図を見る事によって共通認識が得られるというものでした。

    まずは、日経新聞の記事を題材にして、ビジネス視点から記事を分析してみるトレーニングを行う事によって、最終的にはさまざまなビジネスモデルのアイデアが出てくるようになるまで行います。

    新聞の記事は通常、5W1H(When、Where、Who、What、Why、How)の要素に基づいて書かれていますが、ビジネス視点では、3W1H(Who、Whom、What、How much)の視点で読み解く事が重要だと言います。ようはビジネスは、誰が誰に、何を、いくらで売った(提供した)のかがポイントだと。

    ビジネスとは何か、というと突き詰めていくとそれは交換です。昔は物々交換だったものが、近代以降はお金を介在させる事によって交換をしている。それがビジネスの基本だと言います。

    具体的には、ヒト、モノ、カネの要素を記事から抽出し、それをあるルールに則って図解していくというトレーニングですが、非常にものごとをシンプルに俯瞰する事ができるので、今まで見えてこなかった面も見えてくるという非常に使いやすいメソッドでした。

    将来、新しいビジネスモデルを構築してみたい人や、現在のビジネスがどのようになっているのかを理解したい人にとっても役立つ方法だと感じました。

    この後も続編がでるようなので、乞うご期待ですね。


    目次

    はじめに 何のために日経を読むのか?

    1章 できる社長の5つの教え
     
      入社7年目の新入社員
      「君、日経のどこ読んでるの?」
      ニュースペーパー≠ビジネスペーパー
      記事から何を学ぶのか
      2つのアタマ
      リーディングピラミッドを登れ

    2章 日経新聞を「絵」にしたら、見えてきた!
      ビジネス「絵」会話との出会い
      MITでも通用した、ビジネス「絵」会話
      図解ルールの必要性
      日経の記事を”絵記号”にしたら、取引先にほめられた!
      「他人に見せる」ことを意識する
      「ピクト図解」が思考を「見える化」する

    3章 「ヒト×モノ×カネ視点」でビジネスを整理する
      ビジネスとは「交換」である
      物々交換の時代、「お金」の誕生、そして「会社」の出現へ
      関係性を整理するとビジネスの構造が見えてくる
      視点を導入すれば、見えないものが見えてくる

    4章 「ビジュアル思考力」とは何か?   
      「ロジカルシンキング」と「ビジュアル思考力」
      難解な数式を「絵」で解いた天才物理学者
      「ロジカル図解」と「イメージブル図解」
      ダイアグラムの「エレメント」と「コネクタ」
      複雑なビジネスも、ダイアグラムの「組み合わせ」で表せる

    5章 ビジュアルで理解(Fact)する?
             −リーディングレベル1
      
      まず3W1Hを拾いだそう
      ダイアグラムの描き方をマスターしよう
      「わからないもの」が、わかる!
      ビジネスモデルを画像パターンで記憶する


    6章 ビジュアルで会話(Opinion)する?
             −リーディングレベル2
      
      Factの交換ではなく、Opinionを持って「会話」する
      手を動かさなければ、会話のタネは蓄積されない
      ダイアグラム化でビジネスモデルが見える
      「無料」のウラにあるもの
      「関係性」の発見には難易度がある

    7章 ビジュアルで発想(Idea)する?
             ―リーディングレベル3
      
      新たなビジネスモデルを発想する方法
      「ヒト・モノ・カネ」軸でずらす
      使えるアイデアはゼロからは生まれない etc
      「軸」をずらせば、ターゲットが世界市場になる!?
      ビジネスはアナロジー(類推)で発想できる
      出来る社長のセンスは、誰でも身につけられる

    8章 「記事トレ!」でビジネス頭を鍛える  
      「情報メディア」ではなく、「学習メディア」として日経を読む
      「無料」「事業提携」「新規参入」「業界初」に注目!
      「気づく」きっかけを作る「ヒト×モノ×カネ・リーディング」

    おわりに  「記事トレ!」で、キャリアアップをショートカットしよう

    付録
     1 シート見本
     2 「記事トレ!」練習問題
     3 「記事トレ!」学習効果が高い記事30
     4 お勧め図書一覧(参考文献)




    他にもたくさんの本が紹介されていますよ↓

    にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へにほんブログ村

    ----------------------------------------------------------------------------------------

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック