calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

categories

archives

40代を後悔しない50のリスト 大塚寿著

0
    JUGEMテーマ:読書

    この著者、大塚寿氏が序章で言っているが、40代というのは、人生80年とした場合、ちょうど折り返し地点に当たり、マラソンの折り返し地点のようにこの10年が人生最大の転換期となるのである。これは実際の40代の方であればおおよそ理解できる印象だと思います。

    会社の中であれば、ある程度自分で仕事を組み立てたり、部下がいたりと自分を発揮できる働き盛りの年代でしょう。ただその一方で家族がいたりする場合はむしろたくさんの制約がかかってくる年代でもあると思います。

    この著者が、年配の経営者や部長クラスの人、あるいはすでにリタイアしたした人など多くの人から聞いた感想からすると、ほとんどの人が、40代の過ごし方に後悔しているというのです。これは私にとっても非常に衝撃でした。約1万人からヒアリングした結果だというので、これは本当なのでしょう。

    私自身は40代といっても、もう後半にあたるのですが、まさに会社での現在の自分の居場所や先行き、あるいは家族を含めた人生の現在と将来に関して、非常にたくさんの悩みや問題を抱え、日々苦悩している毎日なのです。

    客観的にみると、一部上場会社の準部長職にあり、それなりのサラリーを貰ってはいるので、なんでそんなに悩むの?と思われてしまうかもしれませんが、実際会社の今後や、日本の将来の経済状況を考えると、あまりに多くのリスクがあると思うのは私だけではないと思います。

    この本は、先人達が、過去の40代を振り返って後悔した事を50の項目に整理して、それぞれに対して、ではどうすれば良かったのか、という事を教えてくれる本です。

    私自身も、皆さんも後悔するような人生は歩みたくないと思います。であれば、先人達が後悔したポイントを理解して、どのように生きたほうが良いのか、考えなおす良いきっかけになる本だと思います。

    目次も、すべて50項目を書いてしまいました。この目次にある後悔の内容に関して、ではどうすればよいのかというヒントが各項目ごとに書かれています。


    目次
    序章 一生の中で40代が重要な理由

     ―40代とは、どのような10年か?
     ―リタイアした人のほとんどが「40代」を後悔していた!
     ―多くの人がこの10年で「つまらない人」になっている
     ―人間としての魅力も「40代の過ごし方」で決まる
     ―40代は「必要なスキル」が変わる
     ―40代という「収穫期」を逃してはいけない
     ―40代になると仕事だけでなく「家庭」も重要になる
     ―なぜ、30代の延長だと失敗するのか?
     ―年収が10倍アップした「後悔しない50のリスト」

    第1章 この10年で何より大切にしたいこと

    1  「自分にとって大切なこと」を優先できなかった
    2  わかっていても結局「守り」に入ってしまった
    3  「二元論」で考えなければよかった
    4  「仕事」と「家庭」のバランスが取れなかった
    5  未来の成功より「今日一日」を大切にすればよかった
    6  負けない「絶対的な自信」が欲しかった
    7  誰にも負けない「強み」がつくれなかった
    8  「スピード決断」ができなかった

    第2章 プレイングマネジヤーとして本当に必要なこと

    9  社内外で「本当に頼りになる人脈」を築いておけぱよかつた
    10 「自分の特性」をもっと意識しておけぱよかった
    11 会社が自分に「何を求めているのか」をもっと意識すればよかった
    12 仕事に追われて「すべきこと」ばかりやっていた
    13 「どこまで目指すか」を考えるべきだった
    14 自分が「何を成し遂げたか」がわからなくなった
    15 「他人を動かすスキル」が身につかなかった
    16 負けない「交渉力」が欲しかった
    17 「伝える力」が足りなかった
    18 「意思決定」が苦手たった
    19 「スピード」をもっと重視するべきだった
    20 「対人音痴」が直らなかった

    第3章 忙しいだけで終わらないために工夫すること

    21 もっと「時間の使い方」をエ夫すればよかった
    22 「週末時間」を有効に使えなかった
    23 もっと「家族との時間」に気を遣えぱよかった
    24 「相手に合わせて」飲みに行かなけれぱよかった
    25 「付き合いのいい人」である必要などなかった
    26 「優先順位」を間違ってしまった
    27 忙しいなりに「細かい時間」の使い方を工夫すればよかった
    28 「やりたいこと」にチャレンジできなかった
     
    第4章 人生を左右する「人付き合い」で知つておくべきこと

    29 利害を超えた「人付き合い」を軽視してしまった
    30 頼まれたときに「上司として」応えられなかった
    31 「年下との人間関係」を大切にすべきだった
    32 「コミュニケーション下手」を克服したかった
    33 「話し方」で損をした
    34 「言葉」ではなかなか伝わらなかった
    35 「会社以外の居場所」を見つけておくべきたった

    第5章 年相応に学ぶべきこと

    36 自分自身を「振り返る時間」を持つべきだった
    37 もっと「仕事に役立つ本」を読めぱよかった
    38 時間がなくてなかなか「本」が読めなかった
    39 「読書の効用」をもっと活かせぱよかった
    40 「教養」を深めておけばよかった
    41 年相応の「お金の使い方」を考えれぱよかった
    42 「介護」について準備しておけぱよかつた
    43 「自分の世界が広がる趣味」を始めておけぱよか。た
    44 「親業」にもつと積極的に取り組めぱよかつた

    第6章 会社・社会と向き合い続けるために考えておくこと

    45 「上司の能力」を積算しておくぺきだった
    46 「会社の価値観」を見極めるべきだった
    47 やはり「出世」したかった
    48 人事を「感情的に判断」すぺきではなかった
    49 サラリー以外の「生活の糧」を持つべきたった
    50 もっと「地域社会」と付き合えばよかった

    あとがき



    他にもたくさんの本が紹介されていますよ↓

    にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へにほんブログ村


    ----------------------------------------------------------------------------------------

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック