calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

categories

archives

7年で年間家賃収入3億円を達成した サラリーマン・レバレッジ ≪成功の法則≫ 奈辺卓美&杉浦ケン 著

0
    JUGEMテーマ:読書

    かなり長い題名ですが、この本は最近不動産投資家の間で注目されている海外不動産投資に関する事が書かれた書籍です。著者は2名の共著で、奈辺卓美氏と杉浦ケン氏で、それそれが実際に不動産投資を実行している投資家です。

    内容は最後の目次を見てもらえればわかると思いますが、これから海外不動産投資を始めてみようという方にとってはとても有益な本になっています。また、日本の不動産投資をメインに考えている人にとってもとても為になりと思います。

    この書籍が出版されている2013年春においては、昨年末からのアベノミクスの効果で異常なまでの株高・円安が進行しています。多少の変動はあるにしても、今後円の世界だけで投資しているのは危険だと思いますので、海外への投資も視野に入れて検討するには良いタイミングでしょう。

    ただ、この書籍は、他に出されている海外不動産投資の本とはちょっと違って、かなり辛口の意見も盛り込まれています。

    例えば、奈辺氏は、日本での不動産投資の経験が全くない人がいきなり海外不動産に手を出すのは賛成できないと言っています。まずは国内で不動産投資を始めて、基本的な事を理解してから、海外に出ていくのが妥当だろうという事です。

    また、英語が出来なくてもOKというスタンスではなく、ある程度の英語を勉強すべきだとも言っています。要は、ブームに流されるのではなく、リスクをしっかり認識してそれを最小化する努力をした上でチャレンジして欲しいという事だと理解しました。

    実は、私自身も不動産投資を始めていて、この著者の一人奈辺氏とも交友があります。彼は私の不動産投資の先生であり、あとがきに出てくる某IT起業のを退職したのは、何を隠そうこの私です(笑)

    海外のみならず、不動産投資に興味のある方は是非一読の本です。

    いつものように、目次を載せておきます。

    第1章 なぜ今、海外不動産に注目が集まるのか?
        〜「ハイレバレッジ×スピード」で資産を増やすチャンス!
    第2章 海外不動産投資のススメ
     〜海外不動産投資なら世界経済でリスクヘッジできる
    第3章 目的別に考える海外不動産投資
     〜3つの不動産投資とその結果
    第4章 国別に見る不動産投資の特徴
     〜日本人が不動産を変えない国もある
    第5章 物件を買う前に注意すること
     〜エリア・物件選びから融資付け・契約まで
    第6章 物件を買ったあとに注意すること
     〜管理会社の選定から税金処理のポイントまで
    第7章 実例に学ぶ!キケンが一杯の海外不動産投資
     〜日本人投資家はみんな驚く世界の常識
    第8章 遠隔管理で失敗しないための心得
     〜海外不動産は遠隔管理が決め手
    おわりに




    他にもたくさんの本が紹介されていますよ↓

    にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へにほんブログ村






    ----------------------------------------------------------------------------------------

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック